最初のページ 戻る 次へ 最後のページ

研究紹介

脳波利用による感覚の定量化(個人の感覚能の定量解析)

高齢化による感覚(感覚機能/認知機能)・運動機能の変化

人にやさしいインターフェース動作

(優しいロボット動作・位相情報利用ゆらぎ信号生成)

操作性(疲労、効率)の定量評価法

脳波利用インタフェース 

(リアルタイム眼球操作BCI、 光明滅刺激解析)

感覚拡張:触覚ディスプレイ障害者(災害時)歩行支援ツール

コミュニケーション支援ツール

制御モデリング

(モデル予測制御、非線形ヒューマンファクタのモデル化、

パラメータ変動ロバスト安定解析)